北朝鮮大使、米韓の軍事演習を批判 「自らの滅亡招く」

北京=高田正幸
[PR]

 北朝鮮の李竜男(リヨンナム)・駐中国大使は14日までに中国紙の環球時報の取材に応じ、米韓合同軍事演習について「朝鮮半島情勢を悪化させ、自らの滅亡を招く行為だ。絶対に受け入れられない」と激しく非難した。中国に対しては協力を強化し、共に米国に立ち向かうよう呼びかけた。

 環球時報によると、李氏は米国が国内外の反対を押し切って演習に踏み切ったとして「米国の真意は対話を通じて問題を解決することではなく、力を用いて朝鮮を転覆することにあると明らかになった」と指摘。米国の軍事的脅威に対応するためとして、北朝鮮が「絶対的抑止力をさらに強化していく」と語った。

 さらに、米国が対中圧力を強めるために中国周辺でも他国と合同で軍事演習を行っていると指摘。「米国は朝中共通の脅威であり、両国は引き続き協力を強化し米国に対処していくべきだ」と述べた。(北京=高田正幸)