気象庁HPが閲覧しにくい状態に 大雨でアクセス集中

[PR]

 気象庁のウェブサイトが14日午後0時40分ごろから閲覧しにくい状態となった。西日本を中心とした記録的大雨が続く中で、アクセスが集中して負荷が大きくなったためという。午後8時現在、復旧していない。

 同庁は、土砂災害浸水害の危険度を地図上に色分けして表示する「キキクル」(危険度分布)や、各気象台発表の情報などを避難の判断の参考にするよう繰り返し呼びかけてきた。だが大雨災害のさなかに、これらのページにはほとんどアクセスできなくなった。

 14日午後、広島県に大雨特別警報を発表した後の記者会見で、担当者は「大急ぎで復旧を進めています。ご利用のみなさまにはご不便をかけて申し訳ありません」と陳謝。トップページには雨の状況を確認できる国土交通省やNHKのウェブサイトのURLを表示し、「こちらもご利用ください」とした。