コロナ下、きょう76回目の終戦の日 追悼式参列は最少

知る戦争

杉浦達朗
[PR]

 76回目の終戦の日を迎える15日、政府主催の全国戦没者追悼式日本武道館東京都)で開かれる。参列する遺族は、会場のある東京を除く各道府県からは1人程度に絞り、12日時点で55人にとどまる。全体でも約200人となり、第1回の1952年以来、記録が残る範囲で最少となる。

 例年、約6千人が出席して約310万人の戦没者を悼んできた。昨年も新型コロナの影響のため出席者は542人(遺族193人含む)に絞られていた。今年は東京など6都府県に緊急事態宣言が出ていることを踏まえ、さらに縮小する。

 遺族のほか、天皇皇后両陛下、菅義偉首相らが出席。午前11時51分に始まり正午に黙禱(もくとう)する。その後、天皇陛下が「おことば」を述べ、首相や遺族らが献花をする。15日には、40都道府県でも自治体などが主催する追悼行事があり、約9700人が参列を予定している。(杉浦達朗)

砂上の国家 満州のスパイ戦 - プレミアムA

1932年、中国・東北部に建国された「満州国」。 その満州国 をめぐり、日本とソ連はスパイ戦を繰り広げました。 1960年代初めに収録された、旧日本陸軍の元将校らの証言録音を改めて分析。 その攻防に迫りました。

【ドキュメンタリー】砂上の国家 満州のスパイ戦

知る戦争

知る戦争

平和への思いを若い世代へ託そうと、発信を続ける人がいます。原爆や戦争をテーマにした記事を集めた特集ページです。[記事一覧へ]