ハイチ地震、304人が死亡 邦人は全員の無事を確認

有料会員記事

サンパウロ=岡田玄
[PR]

 カリブの島国ハイチで14日午前8時半(日本時間同日午後9時半)ごろに起きた地震で、ハイチの防災当局は同日、304人の死亡を確認したと発表した。行方不明者も多数いるといい、犠牲者はさらに増える可能性がある。ハイチ政府は1カ月間の非常事態を宣言した。

 発表によると、確認された死者は304人。負傷者や行方不明者は数百人にのぼるという。南西部の都市レカイなどで被害が大きく、ホテルや教会などの建物が倒壊するなどした。

 救急隊と市民が協力して、がれきの中から生き埋めになった人を救出しているという。また、主要道路が土砂崩れで寸断されており、復旧作業が続けられている。

 現地紙によると、病院なども被災し、屋外で治療が行われているという。

 政府は同日、1カ月の非常事態を宣言。モイーズ大統領の暗殺事件後に就任したアリエル・アンリ首相は「被災者を支援するため、我々は迅速に行動する」とツイートした。

 水野光明・駐ハイチ大使によると、援助関係者らハイチ国内にいる日本人19人は全員無事。被災者が使うテントなどの支援について、現地政府と調整中という。

 カリブ海地域は現在、ハリケ…

この記事は有料会員記事です。残り289文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら