菅首相「命を守る行動を」 大雨で閣僚会議

小手川太朗
[PR]

 停滞する前線による記録的な大雨が続くなか、政府は15日午後、首相官邸で「8月の大雨に関する関係閣僚会議」を開いた。菅義偉首相は「全国各地の広い範囲で記録的な大雨となり、多数の河川の氾濫(はんらん)、土砂崩れや道路の崩壊が発生をしている」とし、救命救助について「何よりも人命第一で、地方自治体や関係機関と緊密に連携しつつ、二次災害に留意しながら活動に全力を尽くすとともに、スピード感を持って支援に当たって頂きたい」と求めた。

 また、今後も全国の広い範囲で雨が続くおそれがあることや、これまでの雨で地盤が緩み、大規模な災害が起きる可能性があることから、首相は「少しでも危険を感じたらちゅうちょせずに避難するなど、早め早めに命を守る行動を行って下さい」と国民に呼びかけた。(小手川太朗)