九州で再び激しい雨 17日にかけて全国各地で大雨に

山本孝興
[PR]

 停滞している前線の活動が活発になり、16日は九州で再び激しい雨となっている地域がある。大雨は17日にかけて続く見通し。11日からの記録的な大雨で、西日本から東日本では土砂災害や河川氾濫(はんらん)の危険性が高まっており、気象庁は厳重な警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、15日にいったん南下した前線は再び北上し、20日ごろまで日本付近に停滞する見込み。16日は九州付近で、17日は西日本から北日本の広範囲で雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがある。

 16日午前9時までの6時間雨量は、熊本県天草市84・5ミリ▽同県宇城市76・5ミリ▽鹿児島県阿久根市63・5ミリ▽長崎市63・5ミリなど。すでに九州や中国地方では記録的な大雨が降っており、佐賀県嬉野市では降り始めからの雨量が16日午前6時時点で1032・5ミリと、平年の8月の4倍近い雨量となっている。

 17日午前6時までの24時間の予想雨量は多いところで、九州北部250ミリ▽九州南部200ミリ▽四国120ミリ。18日午前6時までの24時間では九州北部と東海200~300ミリ▽九州南部、四国、中国、近畿、関東甲信100~200ミリ▽北陸100~150ミリ▽東北50~100ミリ。(山本孝興)