「ラムダ株」国内初確認は五輪関係者 ペルーから入国

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルスの変異株「ラムダ株」の感染が国内で初めて確認された30代の女性は、8日に閉幕した東京五輪の大会関係者だったことが、政府関係者への取材でわかった。

 厚生労働省などによると、女性は7月20日、ラムダ株が流行している南米ペルーから羽田空港に到着。検査で陽性が判明し、その後、国立感染症研究所がウイルスを解析したという。

 ラムダ株は日本を含め、40カ国以上で確認されている。特にペルーやチリといった南米の国で広がり、米国や欧州の複数の国でも感染例が確認されている。

 厚労省検疫所業務管理室によると、検疫で日本の「VOC」(懸念される変異株)に分類された変異株が見つかった場合には公表してきたが、ラムダ株は該当しないために発表しなかったという。海外メディアからの問い合わせを受けて国内初確認を回答し、国内でも今月6日に報じられた。「五輪への影響を考慮して公表しなかったのではないか」と指摘されていることについて、同室の担当者は「公表を避けた意図はない」としている。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]