パラ柔道ジョージア代表、警備員を骨折させた疑いで逮捕

[PR]

 滞在していた東京都内のホテルで警備員に大けがを負わせたとして、警視庁は16日、東京パラリンピックの男子柔道(視覚障害)100キロ級に出場予定だったジョージア代表選手ズビアド・ゴゴチュリ容疑者(34)を傷害容疑で逮捕し、発表した。「何も言い訳はありません」と容疑を認めているという。

 組織犯罪対策2課によると、逮捕容疑は12日午前8時20分ごろ、東京都大田区のホテル廊下で、警備員の男性(63)に飛びかかって押し倒し、首を絞めるなどして肋骨(ろっこつ)が折れる重傷を負わせたというもの。男性は14日に東京空港署に被害届を出していた。事件前にはホテル内でジョージア代表の選手らが複数で騒いでいるのを別の警備員が注意していたという。

 ゴゴチュリ容疑者は、2016年のリオパラリンピック男子柔道(視覚障害)90キロ級で金メダルを獲得した。東京大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は16日夜の記者会見で「警察が事情を調べており、その結果を待ちたいが、こうした振る舞いは大変遺憾だ」と話した。

 ジョージア選手団の17人は11日に来日。徳島県での事前合宿に参加する予定だったが、成田空港で受けた検疫で1人の新型コロナウイルス感染が判明。残る16人は濃厚接触者にあたる可能性があるとして、このホテルで待機していた。

 組織委は、新型コロナ対策の行動ルールを定めており、違反した場合、資格認定証(アクレディテーション)の一時停止や剝奪(はくだつ)などの処分をする。

 東京五輪関連では、ジョージアの選手2人が、観光目的で外出して資格を剝奪された。五輪開幕前には、大会関連施設の設営などを担っていた外国籍の4人が麻薬取締法違反容疑で逮捕され、資格を剝奪された。