バイデン氏「決断を後悔していない」米軍のアフガン撤退

ワシントン=大島隆
[PR]

 バイデン米大統領は16日、アフガニスタン政権の崩壊を受けて演説し、米軍撤退について「後悔はしていない」と撤退の正当性を主張した。

 バイデン氏は16日、静養先のワシントン郊外のキャンプデービッド山荘からホワイトハウスに戻り、演説した。

 バイデン氏は、「撤退するのによい時期は存在しない。我々はリスクについて明確に認識していた」と話す一方、「これは我々が想定していたよりも早く起きた。アフガニスタンの政治指導者はあきらめ、軍は戦わずして崩壊した」と述べ、アフガン政権の崩壊が想定していたよりも早かったことを認めた。

 そのうえで、「これは米国の軍事関与を終わらせることが正しい決断だったことを示している。米国は、アフガニスタン人自身が戦う意思がない戦争を戦うべきではない」と述べ、撤退の判断を正当化した。

【動画】カブールの国際空港には国外脱出を望む群衆数千人が押し寄せた。米軍の特別機が運航を休止するなど混乱に拍車がかかっている

 バイデン氏は「私は直面している事実に深く悲しんでいるが、アフガニスタンにおけるアメリカの戦いを終わらせるという決断を後悔はしていない」とも語った。

 バイデン氏はまた、「私たちの部隊に、他国の内戦で期限なく戦うことを求めるわけにはいかない。これは我々の国家安全保障上の利益ではないし、米国民が求めているものでもない」と述べ、これ以上の駐留継続は米国の国益に資さないと訴え、国民に理解を求めた。

 バイデン氏は今後の対アフガン政策については「女性などアフガニスタンの人々の基本的な権利のために声を上げ続ける」と述べる一方で、「人権は我々の外交政策の中心になければならないが、実行する方法は、終わりなき軍の派遣ではない」と述べた。(ワシントン=大島隆