熱海、土石流被災地で盗難など続く 「不審者通報して」

植松敬
[PR]

 静岡県警は16日、7月に大規模な土石流災害が起きた熱海市伊豆山の立ち入り禁止区域で、盗難など3件の犯罪被害が確認されたと発表した。県警は住民に対し、施錠などの防犯対策を徹底し、不審者や不審車両を見かけたら警察に通報するよう呼び掛けている。

 災害対策課によると、3件の内訳は盗難が2件、住居侵入が1件。いずれも被害届が出ており、盗難被害では金品などの貴重品が盗まれたという。県警は捜査中であることを理由に犯罪被害の詳細は明らかにしていない。(植松敬)