性差別的?やりたいならOK? 女子マネのあるべき形は

有料会員記事

聞き手・池田伸壹 聞き手・富田洸平 聞き手・笠井正基
[PR]

 スポーツにおける多様な性を問いかけた東京五輪。子どもたちが日々打ちこむ学校の部活動でも、変化の波は起きています。誰もが望むようにスポーツをできる日は近いのでしょうか。

「女子マネ」からスポーツを支える「スタッフ」に 関めぐみさん(社会学者)

 学校の部活動における「女子マネ」、つまり主に男子の選手をサポートする女子のマネジャーは、日本で議論の対象になってきました。

 まるで長い伝統があるかのように語られることも多いですが、そもそも男女共学が一般的でなかった戦前は、「女子マネ」は存在しませんでした。女子が男子の運動部に参入するようになったのは、1960年代からです。高度経済成長期大学受験競争が激しくなり、高校の部活から男子部員が減ったのが背景だと言われています。女子が担うようになり、それまでコーチのように管理を行う指導者だった「マネジャー」の役割そのものが変質していきます。

 男子選手のために洗濯や掃除をする。おにぎりをつくったり、飲み物を準備したりする――。こうした「男子を支える」役割に徹する「女子マネ」に、性別役割分業の意識が介在してきたことは否定できません。それが学校教育のなかで固定化して再生産される、つまり生徒たちがその存在から「女子は男子を支えるのが当然」と学習するようなことはあってはなりません。

 一方で、マネジャーとして活動したいと考える生徒が存在し続けているのも事実です。「SLAM DUNK」など、漫画やアニメにはとても魅力的な「女子マネ」が登場します。もちろん、選手としては活動しづらいけれど、好きなスポーツになんとかして関わりたいと考える生徒も多いと思います。

 女子マネのあるべき形とは? 関さんは、日本とカナダの大学運動部を比較研究する中で変化への期待を語ります。また記事後半では、女子野球選手を描いた漫画「フジマルッ!」の作者・詠里さんがスポーツ漫画におけるジェンダーについて、国士舘大学男子新体操部監督の山田小太郎さんが男子ならではの新体操の魅力について語ります。

 議論の場には、学校教育にお…

この記事は有料会員記事です。残り3317文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]