米中ロ外相、アフガン巡り電話 「反省すべき」と非難も

アフガニスタン情勢

ワシントン=園田耕司、北京=高田正幸
[PR]

 ブリンケン米国務長官は16日、中国の王毅(ワンイー)国務委員兼外相やロシアのラブロフ外相らと電話で協議し、アフガニスタンの現地の治安情勢などについて意見交換した。米国が支援してきたアフガン政権の崩壊で現地への影響力を失う中、タリバーンとの対話のパイプをもつ中ロ側の協力を引き出し、今後の現地情勢の安定を図りたい考えだ。

 中国外務省によると、王氏は協議で「米側と意思疎通し、問題を軟着陸させたい」と語り、米中が協力して情勢の安定化をはかるべきだとの考えを示した。

 米国のアフガン政策については「国情の異なる国に外来モデルを持ち込んでもうまくいかないと、事実が改めて証明した。この教訓を真剣に反省すべきだ」と非難。そのうえで「アフガニスタンの国情に合った開放的な政治的枠組みを促したい」と語り、米国に対して建設的な役割を果たすよう求めた。

 一方、米国務省の発表によれば、ブリンケン氏は王氏とアフガニスタンの現地の治安状況や、それぞれの自国民の安全確保について意見交換した。

 ブリンケン氏は王氏のほかにも、ロシアのラブロフ外相を始め、インド、パキスタンの各外相とアフガン情勢について電話で協議した。中国外務省によると16日、王氏もラブロフ氏と電話会談、タリバーン側に穏健な宗教政策を求めていくことなど、アフガン情勢をめぐり意思疎通と協力を強めていくことを確認した。(ワシントン=園田耕司、北京=高田正幸)