宮崎商が夏の甲子園辞退 選手ら13人新型コロナに感染

新型コロナウイルス

[PR]

 第103回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)の大会本部は17日、オンラインで会見を開き、宮崎商から試合を辞退するとの申し出があり、受理したと発表した。宮崎商ではこの日までに選手ら13人の新型コロナウイルス陽性が確認された。19日に予定されていた智弁和歌山との初戦(2回戦)は不戦敗となる。

 日本高校野球連盟八田英二会長は会見で「選手たちの無念を思うと言葉もありません。感染防止に努めてきたが、集団感染が起き、医療機関などに大きなご負担をおかけし、大変申し訳なく思う」と述べた。

 宮崎商の橋口光朗(みつろう)監督は「選手たちの最後の試合を甲子園のグラウンドでプレーさせてあげられなかったのが申し訳なく、無念極まりない」との談話を発表した。

 大会本部によると、宮崎商は選手、監督、練習補助員ら35人が今月5日に指定宿舎に入った。14日夕に選手1人が発熱、15日に病院でPCR検査を受け陽性が確認された。その後、医療機関の検査で17日の朝までに感染者は計13人となった。保健所は濃厚接触者を8人とした。

 会見で、大会の続行について問われた八田会長は「感染対策を強化して、新たな集団感染が起きないようにしたい。国や自治体の指針に沿ってガイドラインの徹底を図りながら、最後まで大会を続けたいと考えている」と答えた。

 大会の感染対策ガイドラインでは、代表校の選手らに感染者が出た場合、緊急対策本部を設置し、保健所や専門家の判断を踏まえて対応を協議すると定めている。集団感染が疑われるかを重要視し、個別の事案と判断した場合は当該選手の入れ替えなどで対応し、チームとしての参加は差し止めない。集団感染と判断される場合はチームとして出場はできず、代表校の差し替えはしない。

 大会本部は16日夜に緊急対策本部の会議を開き、宮崎商の今回の事案は集団感染と判断していた。

 ガイドラインでは代表校に最大3回のPCR検査を行うと定めている。地元を出発前に最初の検査を実施し、甲子園入り後も外部との接触は極力避けるなどの対策を求めている。

 宮崎商は出発前の検査では全員が陰性だった。甲子園入り後もガイドラインに沿って防止策を講じたと説明している。

 同校によると、練習などでの移動の際は専用バスを使い、全員がマスクを着用していた。宿舎では二つのフロアのシングルルームを利用、ロビーの出入りのたびに検温と手指消毒をしていた。食事は個別の配膳とし、食堂での30分程度に収めていたミーティングでは全員がマスクをして参加した。選手はほとんどの時間を個室で過ごしていたという。大会本部もこの日の会見で「ガイドラインに違反することはなかった」との認識を示した。

 13年ぶり5回目だった宮崎商の出場回数はカウントされる。全国選手権大会の試合が不戦勝(不戦敗)となるのは初。10日の開幕後、今大会での新型コロナウイルスの感染による試合の辞退も初めてだった。

 智弁和歌山―宮崎商は19日の第1試合の予定だった。試合を繰り上げ、この日は午前8時からの作新学院(栃木)―高松商(香川)、同10時半からの樟南(鹿児島)―三重、午後1時からの日本文理(新潟)―敦賀気比(福井)の3試合となる。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]