在アフガンの日本大使館員、ドバイへ 大使館は一時閉館

アフガニスタン情勢

菅原普
[PR]

 アフガニスタンのイスラム主義勢力タリバンによる首都カブールの占拠を受け、日本外務省は17日、現地日本大使館の日本人大使館員12人を乗せた航空機がアラブ首長国連邦のドバイに到着した、と発表した。

 同省によると、大使館員は「友好国の軍用機」に同乗した。退避に伴い、カブールにある日本大使館は15日に一時閉館し、トルコのイスタンブールに設置した臨時事務所で当面、業務を続けるという。

 今後について、同省幹部は「(大使館は)戻ってくる前提で一時的に閉める。戻れるかどうかは今後の状況次第だ」と話している。(菅原普)

     ◇

 おことわり 朝日新聞は、アフガニスタンの首都カブールを占拠したイスラム主義勢力の名称を「タリバーン」と表記してきましたが、今後は「タリバン」とします。