特急車内で車掌が喫煙 暗くした乗務員室「加熱式なら」

[PR]

 名古屋鉄道は17日、走行中の列車内で車掌が加熱式たばこを吸ったと発表した。車掌は「我慢できなかった。加熱式なら煙やにおいが残らないと思った」と話し、2月ごろから車内での複数回の喫煙を認めたという。名鉄は厳正に処分する方針。

 名鉄によると車掌は15日午後9時10分ごろ、名古屋線国府―本宿駅間を走行していた豊橋発新鵜沼行き快速特急(8両編成、乗客約70人)の列車最後尾にある乗務員室で、加熱式たばこを約2分間吸ったという。

 乗務員室を暗くして車掌がしゃがみ込んでいる姿を見た乗客が、不審に思って名鉄に連絡した。しゃがみ込んでいたときは「肩に痛み止めの薬を塗っていた」と話したという。

 名鉄は「重く受け止め、今後このようなことがないよう努めます」とのコメントを出した。