父娘不明の土砂崩れ現場で娘の遺体発見 長崎・雲仙市

安斎耕一
[PR]

 長崎県雲仙市小浜町で13日未明に土砂崩れが起き、近くの住宅に住んでいた森文代さん(59)が亡くなった現場で17日、長女の優子さん(32)の遺体が見つかった。森さんの夫の保啓(やすひろ)さん(67)も行方不明になっており、県警などは18日午前8時半から約220人態勢で捜索を再開する。

 市などによると、この日は午前8時半に県警や消防、自衛隊など総勢約200人態勢で捜索を開始。天候不良などで中断を挟みながら捜索を続けたところ、午後3時55分ごろ、優子さんのものとみられる軽自動車の近くで優子さんを見つけた。午後4時34分、現場で医師が死亡を確認した。

 この現場では、巻き込まれた別の住宅で男性1人も重傷を負った。(安斎耕一)