スリランカ女性死亡、関連文書1万5千枚ほぼ黒塗り開示

編集委員・北野隆一
[PR]

 スリランカ人のウィシュマ・サンダマリさん(当時33)が名古屋出入国在留管理局の施設で死亡した問題で、遺族側は17日に会見を開き、名古屋入管が開示した関連の行政文書1万5113枚のほとんどが黒塗り状態だったと明かした。「入管はすべてブラックボックスに入れ、何も情報を出さない。まったく反省していない」と批判した。

 遺族側によると、開示されたのはウィシュマさんに関する看守勤務日誌や健康状態を示す診療結果報告書、被収容者面会簿など。4月9日に代理人の弁護士が名古屋入管に文書の引き渡しを求めたが拒否され、5月12日付で開示請求したところ、8月2日に段ボール3箱分が届いたという。

 不開示とした部分の理由について、名古屋入管は7月15日付の通知書で、個人情報の開示により個人の権利が害される▽保安・警備体制の記録公開で公共の安全と秩序維持に支障を及ぼす▽行政機関の意思決定の中立性が損なわれる――などの恐れがあると記している。

 ウィシュマさんの妹ポールニマさん(27)は17日の会見で、「文書がこんなに黒塗りされたら、報告書の内容も信用できない。入管は姉が殺されたことを隠したいのではないか」と不信感をあらわにした。

 また、同日に会見した外国人人権法連絡会やヒューマンライツ・ナウなどの人権団体は17日に記者会見し、入管庁が10日公表した最終報告について「死亡事件の原因究明・再発防止の検討としてまったく不十分」などと批判する声明を発表した。「人間としての尊厳を傷つける取り扱いが多数認められる。死亡は憲法や国際人権法に反する恣意(しい)的な収容がもたらした結果」と強調した。(編集委員・北野隆一