タリバン関係者、女性とTV出演 国際社会の目を意識?

有料会員記事アフガニスタン情勢

バンコク=乗京真知
[PR]

 アフガニスタンで首都を占拠し、権力を掌握したイスラム主義勢力タリバンが、女性の人権への配慮をのぞかせるような姿勢を見せている。女性の人権をないがしろにした旧政権時代のイメージを薄め、国際社会に柔軟性をアピールする狙いとみられる。

 AP通信によると、タリバン幹部は17日、支配下に置いた国営テレビに登場し、「我々は女性を犠牲者にはしたくない」と語った。さらに「イスラム法の範囲内で」という条件を付けた上で、「女性は統治機構に参画すべきだ」として、女性を公職から排除しない考えを示した。

 こうした発言の背景には、政権の座にあった1996~2001年に、タリバンが女性の教育を禁じたり、社会進出を妨げたりしたことが国際社会からの批判を浴び、政府承認を取り付けられなかった経緯がある。

異様な取り合わせ、SNSに驚きの声

 地元の有力民放テレビ「トロ」の番組では17日、前日は画面に姿を現さなかった女性キャスターが番組に復帰した。

 番組内では、女性キャスターのインタビューに応じる形で、タリバン系メディアに所属する男性が出演。「(タリバン執行部は戦闘員に)人家に侵入したり、他人の財物を奪ったりすることを禁じている」「政権が崩壊した後、治安は改善した」などと強調した。

 女性キャスターとタリバン関係者が画面に並ぶのは珍しく、異様な取り合わせにSNSで驚きの声が上がった。

 ただ、国営テレビの番組は16日に続いて17日も、女性キャスターが登場していない。

 同テレビの幹部は、朝日新聞の取材に「テレビ局はタリバンの傘下に入った。番組では女性キャスターに代わって、男性を使うことになった。男性であっても、ひげのない男性やネクタイ姿の男性は使えない状況だ」と明かした。

「国民の命はタリバンが守る」 英語で連日ツイート

 社屋にはタリバン構成員が常…

この記事は有料会員記事です。残り248文字有料会員になると続きをお読みいただけます。