• アピタル

島に来ないで! 小笠原村が「コロナ緊急事態宣言」

新型コロナウイルス

中山由美
[PR]

 東京都小笠原村は、村内で新型コロナウイルスの感染者が増加していることから、「小笠原村緊急事態宣言」を出し、24日から9月6日までの2週間、島外との行き来を自粛するよう、村民と来島者への呼びかけを開始した。

 人口約2600人の同村では、昨年11月中旬以降、新規感染者が出ていない状況が続いていたが、今年7月下旬に1人の感染を確認。8月7~13日には村民5人、来島者2人の感染が相次いで確認され、村では危機感が高まっていた。父島への公共交通手段は港区の竹芝発着の定期客船「おがさわら丸」のみで、昨夏から乗船者には、事前のPCR検査を求めてきたが、今月の発症者の中にはPCR検査では陰性だった人も含まれていたという。

 都心から約1千キロ南に位置する小笠原諸島。村には父島と母島それぞれに診療所が1カ所しかなく、コロナ患者の対応はできない。急病人などは自衛隊機が病院へ緊急搬送する必要があり、10時間程度かかる。さらに、天候が悪ければ数日飛べないこともある。

 村はこの2週間を「村内コロナウイルス一掃期間」と位置づけ、人流を徹底的に抑えこむ方針だ。夏休みなどで島外に出ている村民には、24日の竹芝発の便で帰島するよう、旅行者には来島の自粛を呼びかけている。村内の小中学校も9月6日まで休校にする。中山由美

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]