韓国国会議員、竹島に上陸 行事参加し動画配信も

ソウル=神谷毅
[PR]

 韓国の最大野党「国民の力」の国会議員、洪碩晙(ホンソクチュン)氏が15日に竹島(韓国名・独島)に上陸していたことがわかった。韓国の大邱サイバー大学が竹島で開いた行事に参加するためで、同大学が17日に発表した。行事は、日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」に合わせたもので、ユーチューブなどで配信された。

 同大によると、韓国が東京五輪パラリンピックの大会組織委員会ホームページの日本地図に、竹島が表示されていると削除を求めている問題をめぐり、洪氏は上陸後、「日本が五輪を領有権主張のために使うなか、光復節に合わせた今回の行事は意味深いものがある」などと話したという。

 日本外務省の船越健裕・アジア大洋州局長は17日、在日本韓国大使館の金容吉(キムヨンギル)・次席公使に電話で抗議した。同省によると、船越氏は、竹島は日本固有の領土であり、上陸は受け入れられないとして、再発防止を求めたという。(ソウル=神谷毅)