第3回ワクチン調整「まず俺に」 河野氏就任、直後から軋轢

有料会員記事2021衆院選

坂本純也
写真・図版
[PR]

 始まりは、1月4日の年頭記者会見だった。政府が首都圏の1都3県に2回目の緊急事態宣言の発出を迫られていたタイミングで、菅義偉首相は初めて新型コロナワクチン接種のスタート時期を打ち出した。

 「2月下旬までには、接種開始できるように準備を進める。医療従事者、高齢者などから順次開始したい」

 菅政権は、すでにコロナ対応で強い逆風にさらされていた。

 首相肝いりの観光支援策「Go To トラベル」は停止に追い込まれた。首相自身が東京・銀座のステーキ店で自民党二階俊博幹事長らと5人以上で会食したことは、政府が「会食自粛」を呼びかけるなかで、世論の批判を浴びた。

 そんな窮地で、首相が「切り札」として期待を寄せたのがワクチン接種だ。その調整役を、かねて目をかけてきた河野太郎行政改革相に託した。

A-stories「漂流 菅政権」(コロナの時代 第2部)のページはこちら

 緊急事態宣言がまた拡大・延長されます。新型コロナの感染拡大を抑え、国民の信を問うという菅義偉首相の戦略は崩れつつあります。A-stories「漂流 菅政権 コロナの時代」では、政権発足以来のコロナ対応を検証します。

 1月18日、首相は河野氏を官邸に呼び、ワクチンの担当を命じた。官邸幹部は「省庁間の調整や、何より国会対応で大臣が必要になる」と、起用の狙いを語った。行革相としての自らの仕事ぶりを、「100点満点中、1千点くらい」と評していた河野氏。行政手続きから押印を廃止する取り組みを進め、「突破力」も印象づけていた。

「調整するタイプではない」当初から不安視

 閣僚経験者は「ポスト菅」に…

この記事は有料会員記事です。残り1564文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]