米空軍、離陸時のアフガン人死亡を調査へ

アフガニスタン情勢

ワシントン=高野遼
[PR]

 アフガニスタンの首都カブールの空港で16日に起きた混乱により、離陸する米軍機にしがみついたアフガニスタン人が死亡した問題をめぐり、米空軍は17日、事実関係の調査に入ると発表した。上空の米軍機から人が落下する映像などがSNS上で拡散し、米国への批判が起きていた。

 空軍の発表によると、問題の米軍機は16日に空港に着陸。積み荷を降ろす前に、空港に殺到した数百人の市民に包囲されたという。混乱した状況を踏まえ、米軍機はできる限り早く空港から離陸することを決断したという。

 SNS上には、離陸した米軍機から人が落下する映像が投稿された。カタールの基地に到着後、米軍機の車輪格納庫からも遺体が発見されたという。

 空軍は「この悲劇的な事件に関する事実を確実に把握するため、徹底的に調査する。亡くなった方のご遺族にお悔やみ申し上げる」としている。(ワシントン=高野遼)