残された千切りキャベツ 居酒屋店主「要請いつも直前」

有料会員記事新型コロナウイルス

五十嵐聖士郎
[PR]

 70代の独り身。30年続けてきた居酒屋はもう閉めようかとさえ思う――。新型コロナウイルス対策で、兵庫県は神戸・阪神間の飲食店に対し、酒の提供の禁止や制限の要請を1月以降、切れ目なく続けている。要請が長期化するなか、対象の居酒屋店主は何を思っているのか。阪神間の住宅地にある1軒の店を訪ねた。

 「8月2日より8月31日までお休みします」

 衛藤達夫さん(72)の居酒屋の入り口脇には、休業を知らせる紙が何枚も貼られている。県の要請が延長されるたび、休業期間の延長を告げる紙を追加して貼ってきた。

 「要請期間が明ければ再開で…

この記事は有料会員記事です。残り1014文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]