静かなる日本の「ワクチン外交」 戦略の「失策」

有料会員記事アナザーノート

編集委員・佐藤武嗣
写真・図版
[PR]

アナザーノート 佐藤武嗣編集委員

 新型コロナウイルスの感染拡大をどう食い止めるのか。各国が対応に苦慮するなか、やはり切り札は、ワクチンです。いまや国の安全保障に欠かせない「戦略物資」となったワクチンを、主要国がどう確保し、接種を進め、また他国にどれほど供給しているのか。

ニュースレター 「アナザーノート」

アナザーノートは、紙面やデジタルでは公開していないオリジナル記事をメールで先行配信する新たなスタイルのニュースレターです。今回は8月15日第51号をWEB版でお届けします。レター未登録の方は文末のリンクから無料登録できます。

 特に、主要国の供給先や供給量を分析すれば、その国の外交戦略も垣間見えるのではないか。そう思い、データ収集し、取材しました。新たな発見は、日本が世界でもトップクラスの「ワクチン寄付国」に位置していることと、それをあえて積極アピールしない日本政府の姿勢でした。

三つのワクチン提供手段

 「海外へのワクチン提供」といっても、世界でワクチン争奪戦が起きる中、その手段は様々あります。

 有償(売却)か、無償(寄付)か。「無償」でも、世界保健機関(WHO)主導でワクチンを共同購入し、途上国に供給する枠組み「COVAX(コバックス)ファシリティー」を通じて提供する方法もあれば、COVAXを通さずに特定の国に直接寄付する方法もあります。その手段は、主に三つに分類できます。

 A 製薬会社による有償供与…

この記事は有料会員記事です。残り3259文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら