「夏休みどうだった?」 札幌市内の小学校で始業式

芳垣文子
[PR]

 札幌市の市立小学校196校で18日、2学期の始業式が一斉に行われた。

 豊平区の市立みどり小学校(庄司ひさ子校長、児童362人)では、教室でテレビ画面越しに庄司校長が「2学期は一番長い学期で行事も予定されている。長い間頑張ってきた、間を空ける、マスクをする、手を洗うなどに気をつけて、みんなで健康に過ごしていきましょう」などと語りかけた。5年生の田中杏奈(あんな)さん(10)が「テレビでオリンピックの卓球の試合を見たことが心に残った。伊藤美誠選手の活躍などで、興奮してなかなか眠れなかった」などと夏休みの思い出などをまとめた作文を読んだ。

 3年1組の教室では担任の遠藤広彬教諭(34)から「夏休み楽しかった人」と問いかけられると、児童が元気よく手を挙げた。

 1年生の中田千絵さん(6)は「夏休みはキャンプに行ってホタルを見た。海にも行きました」と楽しかったことを話した。

 札幌市立中学校の始業式は23日に行われる。(芳垣文子)