第3回「不登校を選べた」ほめてあげて ヨシタケシンスケさん

有料会員記事

聞き手・林利香
[PR]

 絵本作家のヨシタケシンスケさん(48)は、自信がない、楽しいこともない、という子ども時代を過ごしました。苦手なことからずっと「逃げる」ことで、現在の仕事にたどりついたそうです。ベストセラーになった絵本「りんごかもしれない」も、逃げた先に生まれた物語でした。当時の気持ちや作品に込めた思いを聞きました。

    ◇

 〈姉1人、妹2人の4人きょうだい。二つ上の姉は、はっきりと自己主張する性格で、勉強もなんでも出来る「天才」だった。そんな姉と自分を比べてしまい、少年時代は劣等感を抱いていた〉

 僕はずっと、自分はなんにもできないと思っていました。家族の中でも、場を荒立てないことが、居心地よく生きるすべでした。いつもひとりでぶつぶつ本を読んでいるような子で、腹を割って話せる友達もいない。いないから寂しいとかじゃなくて、そういうものだと思っていたので、つらいという意識はなかったんです。

 工作をすると、母親がほめてくれることがうれしくて。でも、その気持ちが反対に、怒られたくない、という気持ちを増幅させました。もともと怖がりで極度の心配性。どうすれば怒られないか、言い訳ばかり考えていました。

 人から言われたことをきちっと形にすることは得意だったので、職人になりたかった。高校の美術部の先生が勧めてくれた美術系の大学に入りました。

 〈大学で作品を自由につくる面白さに気づいた。大学院を卒業後、ゲーム会社に就職。そのときのストレス解消法が、イラストレーターの道へつながった〉

 大学に入って、初めて人に喜んでもらえる楽しさに気づきました。好きだった宇宙服をつくって友達に見せたら、「面白い」とすごくほめてくれた。そこで、小中高時代がつまらなかったことに初めて気づいたんですね。

 卒業後に、半年間だけサラリーマンになりましたが、ストレス発散のために、手帳にこっそりと小さなイラストを描いていました。ネガティブな性格なので、生きているのが嫌になっちゃう。毎日自分を励まし直し、「世の中ちゃんと探せば面白いことがある。周りにも、あちこちに転がっている」と言い聞かせるために描いてきたもの。自分にとってリハビリの感覚です。

 そんなイラスト集を自費出版でつくり、いろいろな人に配っていた。それが出版社の方の目に留まり、今の仕事につながっています。

苦手な色ぬり、「していない」

 〈2013年の絵本デビュー作「りんごかもしれない」は、目の前にあるリンゴから妄想を膨らませる男の子が主人公だ。実は、色塗りは自分ではしていない〉

#withyou~きみとともに~

◇学校に行きたくない、生きづらい……。長い休みが明ける前後、いつも以上にしんどさを感じる子どもたちに「ひとりじゃないよ」と伝えたい。「#withyou~きみとともに~」は、そんな思いを込めた企画です。同じように苦しんだ経験をもつ著名人からのメッセージや「居場所」に関する情報などを、随時掲載します。

この記事は有料会員記事です。残り1902文字有料会員になると続きをお読みいただけます。