積水化学元社員に有罪判決 液晶技術を中国企業に漏洩

米田優人
[PR]

 スマートフォン液晶パネルに関する技術情報を中国企業に漏らしたとして、不正競争防止法違反の罪に問われた大手化学メーカー「積水化学工業」(大阪市)の元社員、久保田敬士(たかし)被告(46)の判決が18日、大阪地裁であった。栗原保裁判官は「中国企業の勧誘を受け、製品開発に継続的に協力した犯行で悪質」として、懲役2年執行猶予4年、罰金100万円(求刑懲役2年、罰金同)を言い渡した。

 判決によると、久保田被告は不正な利益を得る目的で、2018年8月と19年1月の2回、同社の営業秘密に関する情報を中国企業の担当者に漏らした。

 栗原裁判官は、この営業秘密をもとに中国企業側が商品を開発すれば、積水側の事業に大きな影響を与えるおそれがあったと指摘。一方で、被告が起訴内容を認めたことや、実際には積水側に具体的な損害がなかったことなどを踏まえ、執行猶予が相当と判断した。(米田優人)