よみがえる安部公房の名作、舞台「砂の女」「友達」

有料会員記事

編集委員・藤谷浩二
[PR]

 旺盛な演劇活動でも知られた作家・安部公房(1924~93)の代表作「砂の女」「友達」が相次いで舞台化される。現代の劇作家による上演台本・演出で、どんな輝きを放つのか。

「自由にシーン行き来」 「砂の女」主演の緒川たまき

 砂丘に昆虫採集に出かけた男が、女が住む砂穴の家から抜け出せなくなっていく――。1962年の長編小説「砂の女」に取り組むのはケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)と緒川たまきのユニット「ケムリ研究室」だ。女を演じる緒川は19、20歳の頃に小説と岸田今日子主演の映画(64年、勅使河原宏監督)に出あい、ずっとひかれてきたという。

 「世の中の隙間を生きる男を描く作家というイメージでしたが、岸田今日子さんの女を見たときに違う世界が開けました。受動的だけど芯や生命力があり、渦巻く色気や太古の女性性みたいなものを感じて、まぶしかったんです」

 昨年旗揚げしたケムリ研究室…

この記事は有料会員記事です。残り1093文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら