「抜け穴」「ダミー」の文字 ゴーン元側近、どう説明?

有料会員記事主役なきゴーン法廷

金子和史
[PR]

 日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告(67)が巨額の役員報酬を開示しなかったとされる事件で、側近だった元代表取締役グレッグ・ケリー被告(64)に対する公判は7月に実質的な審理が終わった。終盤に行われたのは13回の被告人質問。「抜け穴」や「ダミー」と書かれた資料を検察側から示されたケリー元役員は、あくまで「合法」の枠内と説明して無罪主張を貫いた。

 ケリー元役員は金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)罪の共犯に問われた。ゴーン元会長が海外逃亡を続ける中、裁判は昨年9月に始まり、7月までに約70回開かれた。

約70回の公判 終盤に被告人質問

 1億円以上の報酬を得た役員と金額を個別に開示する制度が2010年に導入され、ゴーン元会長が高額報酬への批判を懸念したところまでは争いがない。食い違うのは、在任中に実際に支払われた報酬以外に、開示義務のある確定報酬があったかどうかだ。

 検察側は、元会長が各年度の報酬をその年に受け取る分と後で受け取る分(未払い報酬)に分け、10~17年度の8年間で計約91億円の未払い報酬を有報に記載しなかったと主張。未払い報酬の累積額を1円単位で管理する「合意文書」などを元秘書室長が作り、ケリー元役員は累積額を元会長が退任した後に顧問料や競合他社に行かないことへの対価といった名目で支払う「契約書」を作成したなどと指摘する。

報酬激減で「ゴーンさんが日産を離れるリスク」

 検察と司法取引した元秘書室長らは検察の描く構図に沿った証言をした。こうした中、被告人質問は弁護側から始まった。

この後、13回を数えた被告人質問のやり取りを詳しく紹介します

 ケリー元役員はゴーン元会長…

この記事は有料会員記事です。残り916文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
主役なきゴーン法廷

主役なきゴーン法廷

日産カルロス・ゴーン元会長をめぐる事件の裁判が始まった。法廷で明らかになるのは、カリスマ経営者の「犯罪」か、追放を企図した「陰謀」か――。[記事一覧へ]