阪大が英語表記を商標出願 大阪公立大との騒動受け

狩野浩平
[PR]

 大阪大学が英語表記を「The University of Osaka」として、特許庁商標登録を出願していたことがわかった。受理は4月22日付。

 英語表記を巡っては、来年度に開学予定の「大阪公立大」が「University of Osaka」を使うと表明したことを受け、阪大が「混乱を生じさせる」と反発した経緯がある。騒動は公立大が別の名称を使うことで決着したが、阪大総務課によると、今後同様の事態が起きることを避けるために商標登録を決めた。従来の英語表記「OSAKA UNIVERSITY」と併用していく考えだ。(狩野浩平)