• アピタル

コロナ中等症受け入れ「臨時の施設増を」 日本医師会長

滝沢卓
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で自宅療養者が急増していることを受け、日本医師会の中川俊男会長は18日の定例記者会見で、大規模イベント会場や体育館を臨時の医療施設として活用することが必要だとの考えを示した。企業の宿泊研修施設なども視野に入れているといい、医師会側は医療従事者の派遣などで協力することを検討している。

 東京都では自宅で療養するコロナ患者が2万人を超え、重症の患者でも入院できない例が増えている。中川会長はコロナ病床が埋まりつつある地域では、「リスクの高い中等症の人が自宅療養を余儀なくされている」とした。このため、医療資源をより有効に使える宿泊療養ができる施設が望ましいとする一方、「場所の確保が課題になっている」とも指摘した。

 こうした場所を確保するため、企業の宿泊研修施設を活用できるよう経団連などの経済団体とも連携を模索するという。ただ、具体的な施設のイメージや目指す施設数について中川会長は「地域ごとに違う」と述べるにとどめた。滝沢卓