規制委、敦賀2号機の再稼働審査中断 資料書き換え問題

有料会員記事

藤波優、川村剛志、新田哲史
[PR]

 日本原子力発電敦賀原発2号機(福井県)の再稼働に向けた審査資料を無断で書き換えた問題で、原子力規制委員会は18日、信頼性が失われたとして審査の中断を決めた。審査は敷地内にある断層の評価が割れ、すでに5年半も続いているが、さらに長期化が避けられなくなった。

 審査では、2号機の原子炉建屋直下にある断層が焦点になっている。規制委の有識者会合は、地震を引き起こす活断層と評価するのに対し、原電は2015年11月に始まった審査の中で、活断層ではないという立証を試みてきた。

 資料の書き換えが問題になったのは、ボーリング調査による敷地内の地層の観察記録。原電の主張の根拠になる資料で、昨年2月に規制委が指摘して発覚した。計80カ所で元々のデータを別の調査結果に上書きし、断層が動いた可能性を否定するなどしていた。原電は、書き換えは現場の担当者らの判断で、「書き換えてはいけないという認識がなかった」としている。

 規制委は原電が適切に資料を作成し、審査に対応できると認めるまで再開しない方針。規制委の担当者は「原電次第だが、年単位にはならない」とみている。

 原電は1966年に日本初の商業炉を稼働させた原発専業の会社。東日本大震災以降、原発を再稼働できておらず、発電した電気を大手電力会社に卸売りする本業ができていない。

 保有する原発4基のうち2基…

この記事は有料会員記事です。残り474文字有料会員になると続きをお読みいただけます。