閉鎖の優佳良織工芸館、ツルハなどが取得へ 北海道旭川

有料会員記事

本田大次郎
[PR]

 北海道旭川市で閉鎖中の観光施設「優佳良織(ゆうからおり)工芸館」や「雪の美術館」などを、ドラッグストア大手のツルハホールディングス(HD)などが取得する方向で最終調整していることが18日、分かった。ツルハHDは、広域観光の拠点として活用していくとみられる。

 優佳良織は、旭川市染織家、故・木内綾さんが創作した織物で、国内外で高く評価されている。

 旭川市西部の国道12号沿いの丘陵部、約8万平方メートルには、「優佳良織工芸館」や「雪の美術館」などがあり、工芸館では、木内さんの作品などを展示・販売していた。

 かつては年間約100万人以…

この記事は有料会員記事です。残り276文字有料会員になると続きをお読みいただけます。