• アピタル

尾身氏、全国一斉宣言求めず 「相変わらず首都圏問題」

有料会員記事新型コロナウイルス

吉川真布
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大をめぐって18日、衆院内閣委員会の閉会中審査が開かれた。野党からは全国への緊急事態宣言の発出や、入院制限の見直しを求める声が上がった。

 立憲民主党今井雅人氏は、緊急事態宣言の発出後も感染拡大に歯止めがかからない状況を指摘。全国的に緊急事態宣言を出すよう求めた。

 政府のコロナ対策分科会の尾身茂会長は「(政府などからの)メッセージが十分伝わっていないので、人流も思ったように下がっていない。メッセージの出し方は改善の余地がある」と認めた。

 その上で、尾身氏は「この問題は相変わらず『首都圏問題』だ」と強調。全国一斉の緊急事態宣言よりも、短期・集中型の対応が必要との認識を示した。

「実際の感染者はもう少し多い」

 また、東京都の新規感染者に…

この記事は有料会員記事です。残り431文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]