10年後に届いたはがき 事故死した小5長男の問いかけ

有料会員記事

松山紫乃
[PR]

 8月上旬、岐阜県可児市の伊藤英生さん(49)の自宅に簡易書留ではがきが届いた。

 「この住所で間違いないですか?」

 郵便局員から確認され、伊藤さんが受け取る。宛名には、見覚えのある字体で長男の名前がつづられていた。裏面の情報保護シールをはがすと、記入者の氏名欄にも長男の名前があった。

 「なぜいま、隆晟(りゅうせい)からはがきが……?」

 長男の隆晟さんは、10年前に事故で亡くなっている。

 小学校5年生の冬だった。

 近所の川沿いの広場で友達と遊んでいた時、落ちたサッカーボールを拾おうと川に入った。川の水は冷たく、隆晟さんは泳げない。約20メートル流された後、通行人の男性に引き上げられたが、そのまま意識が戻らなかった。

 自宅にいた伊藤さんは、その男性からの電話で「息子さんが危険な状態です」と知らされ、「なんとか助かってくれ」と祈りながら現場に向かった。

 そこにはぐったりした隆晟さんの姿があった。救急車でも心臓マッサージが続き、病院に搬送後はあらゆる処置を施してもらった。

 しかし、再び目を覚ますことはなかった。

父は記憶にふたをした

 隆晟さんには3人の弟がいる…

この記事は有料会員記事です。残り1190文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら