ゲーム「戦国無双5」と提携、徳川家康で岡崎アピール

有料会員記事

深津慶造
[PR]

 戦国時代を舞台にした人気ゲームのシリーズ最新作「戦国無双5」に登場する若き徳川家康を使った観光PR作戦を愛知県岡崎市が始めた。

 戦国無双は、コーエーテクモゲームス(横浜市)が手がける。2004年の発売以降、全世界で累計770万本以上を売り上げている大ヒット作品。実在した武将を操って群がる敵を一気になぎ倒す爽快感やドラマチックなストーリーが人気という。

 6月24日発売の戦国無双5では、若かりしころの織田信長明智光秀を軸にしたストーリーが展開される。家康も“竹千代”の幼名にふさわしい美少年として描かれており、「若い世代にアピールしたい」という市の狙いに合致した。

 市は同社と提携し、B2判サ…

この記事は有料会員記事です。残り300文字有料会員になると続きをお読みいただけます。