W杯最終予選、日本のアウェー戦はテレビ局の中継なし

有料会員記事

[PR]

 9月から始まるサッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選で、日本代表のアウェー(敵地)の試合はテレビ局による放送がないことが18日、分かった。これまで地上波衛星放送で中継されてきたが、今回の最終予選のアウェー戦は、スポーツ動画配信サービス「DAZN(ダゾーン)」だけの中継となる。

 複数の関係者によると、ホーム戦5試合についてはテレビ朝日放映権を管理するアジア・サッカー連盟(AFC)と契約を結ぶ。これらの放映権については、近く発表される。

 テレ朝は前回を含め、長くAFCの主催大会などの放映権を獲得してきたが、20年まででいったん契約は終了していた。ダゾーンは17年からJリーグの放映権を獲得し、19年は南米選手権に参加した日本戦も唯一中継していた。

 最終予選は12チームが2組に分かれ、来年3月までホーム・アンド・アウェー方式で争う。各組2位までがW杯出場権を獲得し、3位同士の勝者が大陸間プレーオフに回る。日本はB組で、オーストラリアサウジアラビアがライバルとなる。

 W杯アジア最終予選の日本代表のアウェー戦について、テレビ局の中継がなくなった背景には、放映権料の高騰や視聴環境の変化がある。

 関係者の話を総合すると、か…

この記事は有料会員記事です。残り633文字有料会員になると続きをお読みいただけます。