近江監督、ノーゲームでも「試合ができたのが大きい」

[PR]

(19日、高校野球選手権大会 近江―日大東北)

 近江・山田陽翔、日大東北・吉田達也の両右腕の投げ合い。守備が堅く、ともに無失策という締まった試合は悪天候でノーゲームに終わった。

 近江は三回、2死から井口遥希の左越えソロ本塁打で1点を先行した。カウント1―1から真ん中の直球を振り抜き、チーム初安打で主導権を握った。五回には、先頭からの連打と二つの四球などで2死満塁と好機をつくったところで雨で中断となった。

 近江の多賀章仁監督は「(順延続きで)選手たちもだいぶ、たまっていたものがあったと思うので、きょう、五回途中まで試合ができたこと(が大きい)。これで明日、仕切り直してやってくれると思います」と話した。

 日大東北は四回1死から四球と安打で一、二塁としたが、次打者が併殺に倒れた。五回も2死一、三塁と好機を広げたものの、山田の低めの変化球を振らされて空振り三振に。得点に結びつけられなかった。

 日大東北の宗像忠典監督も「狙っていた試合の入りができただけに、雨が強くなり残念だった。互いに手の内を知った部分があるので、もう一度、研究したい」。