ミャンマー犠牲者1000人超す 軍の武力弾圧や拷問で

有料会員記事ミャンマーはいま

バンコク=福山亜希
[PR]

 クーデターで国軍が権力を握ったミャンマーで、国軍の弾圧による市民の犠牲が1千人を超えたと、現地の人権団体「政治犯支援協会」が18日夜、明らかにした。クーデターから半年余りが過ぎたが、市民らはゲリラ的なデモや、職場を放棄して抗議する「不服従運動」を継続。国軍側は抗議活動を「テロ行為」などと主張し、弾圧の手を緩めていない。

 同協会によると、2月1日のクーデター以降、8月18日までに1006人の市民が犠牲になった。死者数は同協会が確認できたとする人数で、実際はさらに多い可能性がある。

 2月19日に初の犠牲者が出…

この記事は有料会員記事です。残り441文字有料会員になると続きをお読みいただけます。