共感呼んだスケボー選手の姿、自由さが示すスポーツの形

有料会員記事

編集委員 稲垣康介
[PR]

記者コラム 「多事奏論

 英語漬けの会議取材は苦痛だ。

 スイス・ローザンヌに本部がある国際オリンピック委員会(IOC)の理事会取材は朝から晩まで。拘束時間が長い。気晴らしに近くのレマン湖畔を散策する。公園で子どもらがスケートボードに興じている。

 IOCは若い世代の五輪への無関心が頭痛のタネだった。灯台下暗しだ。スケボーを五輪で採用したら、それに熱中する少年少女も注目するだろうに。ずいぶん前から、記者仲間とそんな話をしていた。

 東京五輪で、それが実現した。

 大正解だった。女子パーク決…

この記事は有料会員記事です。残り1331文字有料会員になると続きをお読みいただけます。