天皇陛下、パラ開会式に出席へ 五輪に続き開会宣言

 宮内庁は19日、天皇陛下が24日に国立競技場東京都新宿区)である東京パラリンピック開会式に出席すると発表した。東京五輪と同様に、開会式に皇后雅子さまは同席せず、陛下や皇族方の現地観戦はしない。

 同庁によると、陛下は国際パラリンピック委員会の規定に基づき、大会名誉総裁として開会宣言する見込み。陛下は皇太子だった1998年、長野冬季パラでも名誉総裁として開会宣言をしている。今大会では、五輪・パラとも陛下が名誉総裁となったため、パラの開会宣言も陛下が務めることになったという。