ペイペイ、中小の手数料有料化 10月から最低1.6%

有料会員記事

平井恵美
[PR]

 スマートフォン決済大手のPayPay(ペイペイ)は19日、中小事業者向けの決済手数料を10月から有料化すると発表した。加盟店から取引金額の最低1・60%を徴収する。加盟店を増やすことを優先して無料を続けてきたが、収益化を重視する経営に軸足を移す。

 ペイペイは事業を始めた2018年10月から約3年間、年商10億円以下の事業者の決済手数料を無料にし、急速に加盟店数を増やしてきた。今年10月からは二つの有料プランに切り替える。店の紹介やクーポン発行などの機能をアプリ内で月額1980円(税別)で提供する場合は手数料率1・60%、決済サービスだけの利用は1・98%とする。

 キャッシュレス業界の中小向けの手数料率は、NTTドコモの「d払い」とKDDIの「au PAY」が2・60%(キャンペーンで無料の事業者も)、楽天グループの「楽天ペイ」が最低3・24%で、ペイペイは有料化後も「業界では最安水準」とアピールする。

 有料化による「ペイペイ離れ…

この記事は有料会員記事です。残り265文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら