相模原市が小中学校を月末まで臨時休校 感染急拡大で

新型コロナウイルス

土居恭子
[PR]

 相模原市教育委員会は19日、市立小中学校と義務教育学校の夏休みは今月24日までの予定だったが、新型コロナウイルスの感染が急激に拡大していることを受けて、25~31日を臨時休業とすると発表した。

 お盆などの影響で8月後半に感染者が増える可能性があるとみて、臨時休業を決めた。休業中の体調を確認し、感染者が多い学校やクラスについては9月1日以降、個別に休校や学級閉鎖を検討するという。

 市内の106校が対象で、児童生徒数は約5万1千人。(土居恭子)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]