藤井聡太王位 押し切って防衛にあと1勝 王位戦第4局

有料会員記事

佐藤圭司
[PR]

 藤井聡太王位(19)=棋聖と合わせ二冠=に豊島将之竜王(31)=叡王と合わせ二冠=が挑戦している将棋の第62期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)の第4局が18、19日に大阪市福島区関西将棋会館で指され、藤井王位が140手で勝った。これでシリーズ成績は3勝1敗となり、王位の防衛まであと1勝と迫った。第5局は24、25日に徳島市で指される。

 王位戦は将棋界に八つあるタイトル戦の一つで、七番勝負は2日制(持ち時間各8時間)。第1局は豊島竜王が、第2、3局は藤井王位が勝利していた。

 第4局は豊島竜王の先手番で「相懸(あいが)かり」という戦型に進み、2日目の午後に攻勢に出た藤井王位が、最後まで頑強に粘る豊島竜王を押し切った。終局は19日午後7時14分。残り時間は、豊島竜王1分、藤井王位12分だった。

 終局後、勝った藤井王位は「…

この記事は有料会員記事です。残り545文字有料会員になると続きをお読みいただけます。