作新学院、守備でミス重ねる 一時同点に追いついたが涙

小俣勇貴
[PR]

(19日、高校野球選手権大会 高松商10-7作新学院)

 中止の昨年を挟んで10大会連続の夏の甲子園作新学院には、黒土の上で見せてきたスタイルがある。攻撃も守備も、「攻める」。だが、守りでほころびが見えてしまった。

 三回無死一塁。高松商の送りバントが小フライになり、一塁走者が足を止めた。地面に落ちた球を処理した左腕井上力斗に、捕手の渡辺翔偉は二塁送球を指示。声は届いていたが、井上は「周りが見えていなかった」。一塁へ送球し、1死二塁。ここから3連打などで3点を先行された。

 悪い流れは続く。五回無死一、二塁、再びバントの処理で2番手佐藤優成が足を滑らせ、三塁へ悪送球。痛い追加点を許した。捕手の渡辺は「(三回は)二塁でアウトをとれず、失点につながった」と悔やんだ。

 打線はぶれなかった。バントを使わずに攻める。3点を追う八回も強攻。3安打で同点に追いついた。「全員の力で粘り強く、1点勝負までもっていけた」と小針崇宏監督。しかし、直後に失策をきっかけに4失点。最後まで守りで流れをつかめなかった。小俣勇貴