杉田官房副長官が発熱で検査入院 PCR検査は陰性

[PR]

 官僚トップの杉田和博官房副長官(80)が19日、検査入院したことがわかった。関係者によると、1週間ほど前から発熱を繰り返し、体調不良を訴えていたという。新型コロナウイルスのPCR検査は陰性だった。19日は首相官邸で公務を行っていた。

 杉田氏は先月末、在職日数、3134日(約8年7カ月)となり、歴代最長を更新した。警察庁出身で、内閣情報官、内閣危機管理監などを歴任。菅義偉首相が「得がたい人材」と評する懐刀の一人とされる。