挙式中に「両親への手紙」 コロナ下の結婚式だからこそ

[PR]

 緊急事態宣言の対象地域が20日から拡大された。コロナ禍の中で結婚式を開いてもいいのか。感染リスクを踏まえ、そう思い悩むカップルは多い。でもそんな今だからこそ、式の意味を見直し、新たな形を模索する動きも始まっている。小林直子

 「キャンセルを考えています」

 愛知県豊田市結婚式場「アージェントパルム」のウェディングプランナー藤井菜実さん(35)に、式を2カ月後に控える20代の新郎から電話があったのは1月のことだった。

 打ち合わせも順調だったのになぜ――。藤井さんが2人から話を聞くと、コロナ禍ならではの葛藤が見えてきた。

 感染予防のため、会食を控えたいというゲストがいること。「ゲストを呼べないなら式をする意味があるのか」という疑問。両親からの「形だけの式で良い」という言葉への抵抗感……。

 そこで、藤井さんは新郎新婦とともにプランを一から作り直した。その末にたどり着いたのが、「挙式披露宴」というスタイルだった。

 通常は20分ほどで終わる挙…

この記事は有料会員記事です。残り1100文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]