福島第一の処理水放出、IAEA9月に安全評価開始

長崎潤一郎
[PR]

 東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出をめぐり、日本政府と国際原子力機関(IAEA)は19日、安全性に関する評価活動を9月に始めることで合意した。IAEA幹部が来日し、放出プロセスや周辺海域への影響などの評価について協議する。正式な調査団の派遣は年内を予定している。

 梶山弘志経済産業相が同日、ウィーンのIAEA本部でグロッシ事務局長と会談した。梶山氏は会談後の会見で「(海洋放出の)客観性、透明性をさらに高めるためにIAEAにしっかり評価していただき、安全性を国際社会にも発信する」と述べた。

 政府と東電は2023年春をめどに海洋放出を始める見通しで、完了までは数十年かかる。政府は放射性物質の濃度を法定基準より十分低くするとしているが、風評被害が懸念されている。(長崎潤一郎)