「五輪に抗議」横断幕を切った疑い、大学生を書類送検

[PR]

 東京五輪パラリンピックの横断幕をはさみで切ったなどとして、警視庁は20日、東京都国分寺市の大学4年生の男(26)を器物損壊と威力業務妨害の疑いで書類送検し発表した。

 容疑を認め、「オリンピックに抗議したかった。国や東京都は新型コロナウイルス感染対策に十分に取り組んでいないと思った」などと話しているという。

 立川署によると、男は6月14日夜、JR国立駅(東京都国立市)近くの公園で、大会の横断幕8枚を柱に固定していたひも計14本をはさみで切り、管理する市職員の業務を妨害した疑いがある。横断幕は地面に落ちた状態になっていたという。市から相談を受けた署が、周辺の防犯カメラの映像などから男を特定した。