集団感染の報道発表とりやめ 足立区 東京のコロナ情報

新型コロナウイルス

[PR]

 東京都内の新型コロナウイルス関連情報(20日、自治体発表などによる)

 【足立区

 区内の感染者が激増したことで保健所の業務が逼迫(ひっぱく)しているため、集団感染についての報道発表を取りやめる。区外在住者に関する情報の入手や、他区市の保健所とのやりとりが困難になっているという。

 今後、区の施設などでの集団感染に関する情報は、区のホームページやSNSで配信を続けるという。

 【大田区

 教育委員会事務局の職員1人の感染が判明。濃厚接触者にあたる区民や職員はおらず、通常の業務を継続する。

 福祉部の職員1人の感染を確認。濃厚接触者については確認中。室内の消毒をした上で、通常の業務を続ける。

 保育所の職員1人の感染が判明。濃厚接触者にあたる児童や職員はおらず、通常通り開園する。

 【中野区

 区役所の1階で複数の職員が感染したことを受け、一時的にマイナンバーカードの交付窓口業務を縮小した。また、1階の職員にスクリーニング検査を実施したところ、新たに4人の感染が確認された。

 区立学童クラブ2カ所で職員1人、児童1人の感染が確認された。いずれのクラブも通常通り開室を続ける。

 区内認可保育所で職員1人の感染を確認。濃厚接触者については31日まで自宅待機とし、通常の保育を続ける。

 【稲城市

 市職員2人の感染を確認。いずれも夏季休暇中の職員で、8月の出勤はないという。

 また、市は23日から、自宅療養者にレトルト食品などの詰め合わせを支給する。感染者の急増で都のフォローアップセンターによる支援が遅れているといい、都の物資が届いていない人に3日分の食料を届ける。市によると、市内では毎日約100人の自宅療養者が出ている。

 南多摩保健所からの情報で該当者に連絡するが、患者みずからが市に申し込むこともできる。問い合わせは市保健センター(042・378・3421)へ。 【小金井市

 市福祉保健部の職員1人の感染が判明。窓口業務にも従事しているが、濃厚接触者はいないという。(19日発表)

 【調布市

 市内の認可保育園で職員1人の感染が判明。現在、濃厚接触者の有無を調べている。20日から当面の間、休園する。(19日発表)

 【三鷹市

 市は20日、市立学校に在籍する児童・生徒計6人が新型コロナウイルスに感染していることが判明した、と発表した。5日から17日にかけて陽性が確認されたといい、市教育委員会は「一つの学校で発生したものではなく、日付も別々で、クラスターではない」と話している。

 市はまた、市立学校に勤務する教職員3人の感染が判明したと発表した。7月30日から8月15日にかけて陽性が確認されたといい、一つの学校で発生したものではないという。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]